<乗鞍スカイライン>除雪終え半年ぶり開通 岐阜・高山(毎日新聞)

 積雪のため閉鎖されていた北アルプス乗鞍岳の山岳道路「乗鞍スカイライン」(岐阜県高山市丹生川町、14.4キロ)が15日、除雪を終え、約半年ぶりに開通した。快晴に恵まれ、森林地帯を抜けると、北アルプスの山々がパノラマのように広がった。

 登山バスに乗り込んだ観光客らは、道路沿いの高さ約8〜3メートルの残雪の壁を見ながら、終点の畳平(標高2702メートル)まで山岳ドライブを満喫した。

 同スカイラインはマイカーを規制している。登山バスは、環境税を含めて往復2000円。【宮田正和】

【関連ニュース】
北アルプス:「乗鞍スカイライン」除雪作業始まる
乗鞍スカイライン:除雪作業の7割終える /岐阜
乗鞍スカイライン:除雪作業の7割終える /岐阜
乗鞍スカイライン:北アルプスへ、春告げる一歩

無症状キャリアーは対象外=救済案、国側が一時検討―B型肝炎訴訟(時事通信)
車に女性押し込み現金強奪=監禁10時間、容疑で男ら逮捕−警視庁(時事通信)
海上の安全願う大田区の水神祭(産経新聞)
<業務上横領>男性事務官を免職処分、地検に告発 千葉地裁(毎日新聞)
H2A 金星探査機「あかつき」搭載し発射場へ 種子島(毎日新聞)
[PR]
by 70mvjsogfm | 2010-05-19 02:56