青森市に改善措置要求=前副市長関与の官製談合認定−業者に課徴金3億も・公取委(時事通信)

 青森市発注の道路整備や区画整理などの公共工事をめぐる談合疑惑で、公正取引委員会は22日、米塚博前副市長が入札指名業者をグループ分けして談合しやすくさせたとして官製談合を認定し、同市に改善措置を要求した。
 同法に基づく改善要求は8例目だが、2003年の同法改正で適用対象となった「談合を助ける行為」で官製談合を認定したのは初めて。
 公取委は同日、鹿内組、木村建設など談合に関与した市内の建設業者27社に独禁法違反(不当な取引制限)で排除措置命令を出し、解散手続き中の1社を加えた28社に計約2億9800万円の課徴金納付を命じた。 

【関連ニュース】
携帯事業の統合、6月に再延期=NEC、カシオ、日立
安藤前知事側が上告=宮崎談合・汚職事件
安藤前知事、二審も実刑=宮崎談合・汚職事件
住友電工など4社に排除命令へ=課徴金、史上2番目160億円
談合で4社指名停止=国交省

自動車整備工場でガス爆発=従業員3人搬送−新潟(時事通信)
「子ども殺した」と母出頭=車内で死亡した男児発見−福島(時事通信)
「日本創新党」応援連合参加の熊谷市長 「地方分権後押し」 千葉(産経新聞)
女性の上を電車通過、線路とのすき間で無事 JR東京駅(産経新聞)
男性型脱毛症の診療指針 患者にも参考の評価5段階(産経新聞)
[PR]
by 70mvjsogfm | 2010-04-24 17:30