高校無償化の問い合わせ目立つ 全教の緊急電話相談(産経新聞)

 「私立高校に合格したが入学金を支払えない」「3月までに授業料を払わないと除籍される」−。全日本教職員組合(全教)は26日、2月11日に実施した学費に関する電話相談に計156件の相談が寄せられたと発表した。4月から実施予定の高校無償化法案に関する問い合わせが目立ったのが特徴だという。

 全教によると、相談内容のうち、授業料や授業料滞納に関する問い合わせが78件で最も多く、次いで入学金21件、生活費11件が続いた。学校別では、私立高校に関する相談が70件で最も多く、私立高校に通学する子供を持つ保護者から「4月からの授業料補助制度で援助されるようなことはないのか」など無償化法案に関する問い合わせが相次いだという。

 この結果を受けて、全教は26日、高校生や大学生に対する教育支援や奨学金の拡充などを求めた緊急提言を発表。会見で全教は「事態は深刻。無償化法案を第一歩として、子どもを貧困格差から守らなければならない」と訴えた。

 電話相談は昨年3月にも行い、2日間で216件の相談があった。

【関連記事】
高校無償化、朝鮮学校「検討中」に修正 鳩山首相
高校無償化法案が審議入り 首相、朝鮮学校の「除外」示唆
鳩山首相、子供連れ去り解決のハーグ条約「早く道筋を…」
高校無償化法案が審議入りへ 4月実施目指す政府、朝鮮学校は対象か
全国私教連が高校無償化で自治体独自支援の縮小阻止を要望

郵便不正公判、元係長「村木被告と話したことない」(読売新聞)
<津波>4万世帯以上に避難勧告など 過去に被害の和歌山(毎日新聞)
五畿内志
「密約」有識者委、半島有事と沖縄の核認定の方向(読売新聞)
地球温暖化対策基本法案の閣議決定ずれこむ 小沢環境相明かす(産経新聞)
[PR]
by 70mvjsogfm | 2010-03-05 00:11